クイズ制作の流れ

クイズはどのような手順で作られるのか?
お客様からのお問い合わせも多いので、こちらにまとめてみました。
キュービックがよくいただくお問い合わせの中から、実際のクイズ制作の流れとクイズのイベントを実施する場合にわけてご説明いたします。
ぜひ参考になさってください。

1

フロー

STEP1 共有→STEP2 設計→STEP3 作成

<共有>ヒヤリングによる情報の確認

聞き取り・打ち合わせ

お客さま←→Q-bik

お電話または直接お目にかかった上で、企画についてお尋ねします。

お伺いしたい主な点です。

・企画意図
・掲載媒体
・ターゲット
・出題テーマ
・出題形式
・ジャンル
・難易度イメージ
・解説の有無
・問題数
・スケジュール
・入力用フォーマット
・リサーチ資料

 

お見積り

お客さま←Q-bik

お伺いした情報を元にお見積りをご提示いたします。

プランのご提案

お客さま←Q-bik

企画実施に向けてのアドバイスやサンプル問題のご提案をいたします。

ご契約

お客さま←→Q-bik

PAGE TOP

<設計>問題作成にむけての助走期間

レギュレーションと入力用フォームの決定

お客さま→Q-bik

問題作成の指針となるレギュレーションと問題入力用のフォーマットを設定していただきます(作成作業中に想定していない事態が生じた場合は、その都度お問い合わせいたします)。 
この2点がそろってから問題作成に着手いたします。

工程の確認

お客さま←→Q-bik

最終納品に向けてのスケジュールのご確認

PAGE TOP

<作成>実際の問題になるまでの制作期間

問題作成

Q-bik

校正・校閲

Q-bik

納品

お客さま←Q-bik

一度、あるいは複数の納品日に完全原稿の形で提出物を仕上げます。 

検収

お客さま

PAGE TOP

 

2

よくご依頼いただく作成パターン例

成果物の内容は、大きくは「使用シーン」と「出題形式」によって決まります。ここではその2面から見た制作例をご紹介します。

≪使用シーン例≫

①WEBキャンペーン

プレゼントなどが当たるキャンペーンのフックとしてのクイズ・パズルをご提供します。
超難問パズルを1問、知識クイズを100問……など、内容はさまざまです。

②WEBコンテンツ

サイトのページビューを上げる施策としてのコンテンツにクイズ・パズルをご利用いただいております。
お客様の業界や商品に寄せた内容で、広告と連動した問題をご提供することも可能です。

③イベント、クイズ大会

街や公園、ショッピングモールなどを利用した謎解きや宝探しイベント、あるいはお客様の創立周年パーティや社員旅行などの余興としてのクイズ大会などを企画しております。

④ゲーム、アプリ

スマートフォンアプリなどのゲーム用のクイズ。
4択など、一定のフォーマットに添った内容で、ジャンルは多岐にわたり、制作数も相当量に上ります。

⑤検定、eラーニング

専門知識を測定するためにクイズ(テスト問題)をご活用いただくことも可能です。
資料さえご用意いただければ、どのようなテーマや専門領域であってもクイズにいたします。

 

≪主な納品物の出題形式と納期の目安≫

①一般的なクイズ

ジャンルが幅広いオーソドックスなクイズ。出題バリエーションも数ありますが、選択式(3~4択)が最も多く利用されています。他には○×、穴埋め、一問一答などがあります。

納期 100問…5日間
1000問…20日間
②専門的なクイズ

効率的な学習や知識の確認のためにもクイズをご活用いただいています。営業マンに必要な業界知識、社員教育のための法律知識などが主ですが、中には特定分野を意識したパズルという制作事例もあります。

納期 100問…20日間
③一般的なパズル

クロスワードや数独に代表される定型のフォーマットに則ったパズルや、知能測定などに使われるような規則性を発見するような、ある種のパターンが見られるパズルです。

納期 10問…5日~10日間
④オリジナルパズル

ヴィジュアルがメインのオリジナル性が高いパズル。ここに掲載した4種の中では制作難度が一番高く、特に超難問の場合は価格も高く、納品期日にも余裕をみていただいております。

納期 10問…10日間~
超難問1問…10日間~

※仕様とフォーマットが決定した時点をもって制作を開始します。納期は制作初日を起点として、納品前日までの営業日で表しております。
弊社の受注状態によっても納期は変動しますので、あくまで目安としてお考えください。また、場合によっては特急料金をご請求させていただくことがあります。
料金パターンについては、制作難度(テーマや難易度、情報量、納期)に関わり、その都度のお見積りが必要なため、ここでは掲載しておりません。

PAGE TOP

 

3

問題作成過程

クイズ問題が作られる主な過程について、一般的な4択問題を例にご説明します。

問題周辺情報の調査

指定資料や関連資料の読み込みなど、問題作成にあたって必要な資料を調査します。

問題案作成

QとAとなる部分をひとまず作成します。この時点でおよその難易度の目安をつけておきます。

選択肢設定

3つのウソ選択肢を設定します。選択肢によって難易度の調整をはかる場合もあります。

解説

必要な分量に応じた解説を作成します。

リサーチ

納品情報全般についての真偽確認を行います。場合によっては、調査資料をあわせて納品いたします。

文字校正

誤字脱字のチェックや、掲載媒体に応じた文章の体裁などの確認をします。

1

フロー

STEP1 共有→STEP2 設計→STEP3 作成→STEP4 実施

<共有>ヒヤリングによる情報の確認

聞き取り・打ち合わせ

お客さま←→Q-bik

お電話または直接お目にかかった上で、企画についてお尋ねします。
お伺いしたい主な点です。

お伺いしたい主な点です。

・企画意図
・付帯設備
・参加者
・日時、会場
・日時、会場
・付帯設備
・進行プラン(MCや出題傾向、早押し機・得点表示システム等のご希望)
・演出・台本
・スケジュール

 

お見積り

お客さま←Q-bik

お伺いした情報を元にお見積りをご提示いたします。

プランのご提案

お客さま←Q-bik

企画実施に向けてのアドバイスやサンプル問題をご提案いたします。

ご契約

お客さま←→Q-bik

PAGE TOP

<設計>問題作成にむけての助走期間

工程の確認

お客さま←→Q-bik

最終納品に向けてのスケジュールのご確認

PAGE TOP

<作成>実際の問題になるまでの制作期間

台本作成

Q-bik

問題作成

Q-bik

MCブッキング等

Q-bik

納品

お客さま←Q-bik

一度、あるいは複数の納品日に完全原稿の形で提出物を仕上げます。 

PAGE TOP

<実施>イベント開催のリハーサル・本番

セッティング、リハーサル

Q-bik

イベント進行

Q-bik

本番

Q-bik

撤収

Q-bik

PAGE TOP

 

2

よくご相談いただくイベント実施例

社内セミナー
周年事業
宝探し・脱出ゲーム
社内イベントの余興として