クイズとパズルの違い

クイズとパズルの違いは?

・解き方の違いについて

【知識か発想か?】

クイズ
「知識の有無が成績に反映されやすいものがクイズ」
パズル
「発想力や推理力、ひらめきなどが必要で、その場で考えながら答えに到達するのがパズル」

・見た目の違いについて

【テキストかビジュアル(フォーマット)か?】

パズル
「特にビジュアルが大きな要素を持ち、フォーマットのバリエーションが数多いのがパズル」

画を見て答えるクイズもあれば、テキストで成立するなぞなぞのようなどちらかといえばパズル寄りのクイズのスタイルもあります。

・作り方の違いについて

【情報を元に作るかどうか?】

クイズ
「基本的には「情報」をもとにして作るのがクイズ」
パズル
「基本的にある種の「情報」に左右されないのがパズル」

であるが故に、裏返せばクイズは「情報」を伝えるものとしては有効な手段となります。商品のキャンペーンや新製品紹介などによく利用されるのはそういう理由によります。

 

……と書きましたが、クイズとパズルの双方の特徴を持っている出題形式もあります。
例えば「あるなしクイズ」は「クイズ」とついていますが、パズル的な出題形態です。正解を導くには知識を活用する場合もしばしばあります。一方、「クロスワードパズル」は典型的なパズルのフォーマットですが、マスを埋めるための一定の知識が必要です。

補遺:クイズのテイスト別の種類

クイズを解くには知識を要するわけですが、一方で「雑学」クイズというものもあります。
学校などで学ぶような普遍的な真理や知識を試されるよりは、むしろ、仕事で得た知見や日常生活での経験が生かされるようなクイズです。
「雑学」クイズであってもいわゆる「知識」で正解がわかる場合が往々にしてあるので、その境界も曖昧な点は否めません。